読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十エロ

四国で田舎暮らし。春夏秋冬、いろんなことに興味津々。

【カヤック】沈脱とロールについて

今年からリバーカヤックを始めました。
怖くてなかなか一歩踏み出せなかったのですが、
近所にすばらしい川があったこと、
それと周りのガイドたちがやっているということもあり、
始めてみることにしたのです。

カヤックを始めた人が、
まずやっておかなければいけない練習があります。
それは沈脱ロールです。

吉野川にはカヤックする人がたくさんいます。
ラフティングのお客さんはよく、
「あれ、転覆したらどうするの?」と気になるようですね。

説明しましょう。

まず、ひっくり返る・転覆した状態を「沈(ちん)」と言います。

そして、ひっくり返った時に起き上がる技術、それが「ロール」です。

リバーカヤックの場合、カヤックの中に水が入ってこないように
スプレースカートというカバーをつけます。
そのカバーを外して、カヤックから脱出することを沈脱(ちんだつ)といいます。
[俗に脱る(だつる)とも言います]

ロール練習を始める前に必ず、沈脱の練習をしましょう。
そうでないとロール練習も怖くてなかなか出来ません(私の場合…)。
ダメなら沈脱すればいっか、と思うと安心感が全く違います。
実際、川を下る時でも、
「ロールが3回やって上がらなければ、沈脱しよう」
とか決めてやってる時もあります。

ロールを覚えるには
この動画を見て参考にするのが、いちばん良いと思います。

(こんなすばらしい動画を作ってくださった
グラビティの方々に感謝いたします。)



この動画で言う通り、
【4つのポイント】
セット、腰の返し、上半身の動き、フィニッシュの形
が大事ですね。

ちなみに初心者の私がよく意識することは
1、セットの形をキッチリする
2、セットのとき、手首を猫のポーズのような形にする
3、パドルを回すとき、最後までブレードを見る

この3点です!笑

あ、無視してください。。
私もあんまり、まだよく分かっていませんし、
上がらない時もかなりあります。
日によって調子がいいとき、悪いときというのもあります。
とりあえず起き上がれば、出来ていると思います。
はじめは荒削りでいいのです。