読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十エロ

四国で田舎暮らし。春夏秋冬、いろんなことに興味津々。

【創業セミナーに参加】第3回「事業ドメイン・マーケティング」

「創業セミナー」の日でした。
計4回中の第3回。
今回は「事業ドメインマーケティング」ということでした。

今回も要点を簡単にまとめていこうと思います。
第一回、2回の記事はこちら。

 

udon459.hatenablog.com

udon459.hatenablog.com

 

事業ドメイン

  • 何を
  • 誰に(ターゲット)
  • どのように(差別化)

 

顧客ニーズ

  • プロダクトアウト … 商品が先で、売り方が後(大企業)
  • マーケットイン … 企業が消費者のニーズを汲み取る
  • カスタマーイン … 顧客ひとりひとりのニーズに合わせる

モノが選ばれる時代である
供給の方が多い → デフレは無くならない

 

顧客ベネフィット

顧客が求めているのは商品そのものではなく、
商品を得ることによる恩恵である

ドリルを買う人が欲しいのはである

 

現状分析

  • ヒト … 経営者自身、管理者、従業員、職場
  • モノ … 設備、資産、サービス、商品、知的財産
  • カネ … キャッシュ、収益構造、コスト構造(固定費・変動費)
  • 情報 … 外から情報を得る手段、情報システム、広告や宣伝、発信手段
  • ネットワーク … 人脈、サプライチェーン仕入れ先や販売先等)、金融機関、専門家や産業支援期間

 

SWOT分析

  • Strength(強み)
  • Weakness(弱み)
  • Opportunity(機会)
  • Theat(脅威)

 

競争地位戦略

  • リーダー
  • チャレンジャー
  • ニッチャー
  • フォロアー

 

ポジショニング

例)

高価格 ⇔ 低価格

高品質 ⇔ 低品質

ファッション ⇔ ベーシック

 

マーケティングミックス(4P分析)

  • product【商品】…コアになる商品、コンセプト、付加価値
  • price【価格】…いくらで売るか
  • place【流通方法】…どこで売るか(自社、代理店、ネット等)
  • promotion【販促】…プッシュorプル、AIDMA、AISIS

 

商品力を構成する要素

商品力 = コミュニケーション力 × 流通力 × 販促力 × 製品力

例)
売れない → 製品が悪いのではない
その他の要素も確認してみる

付加価値を付ける

 

SNSの利用

  • AIDMA…attention interest desire memory action
  • AISIS…attention interest search action share
  • SIPS…sympathize identify participate share&spread

 

まとめ

今回もグループディスカッションがあったのですが、
ああいうのって何か気まずいね。やりたくないです。
架空のお店のことを分析したり、改善点を考えたり、
ふわふわしてて、本気度が感じられない議論になります。

しかし、自分が恐ろしいほどにアイデアが出ちゃうんですよね。
しかもちょっと奇抜な、尖った感じのアイデアです。
一応、広告・販促をやってましたから、
出して当たり前なんですけど、
こういう場において、いつも痛い目に合う(自己嫌悪も含む)ので、
控えめにしていました。アイデア全部を発表はしなかったです。
みんなが納得しそうな、あるある販促案をちょろっと言っておきました。
自分は元広告畑の人間なんだなと思った瞬間でした。

とはいえ、こういう議論の時って、
いつも的外れなことを言ってしまうんですね。
主旨を理解していないというか、
何を話し合っているのかというのが、
全然見えないという時があります。
みなさん、その変は理解しているのでしょうか?
その点が、疑問でした。

次回はプレゼンテーションです。
各自、自分の事業案を発表します。
楽しみです。