読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十エロ

四国で田舎暮らし。春夏秋冬、いろんなことに興味津々。

【タブーに挑戦】政治と宗教と野球の話をする!

人生

「政治と宗教と野球の話はするな」
とよく言いいますね?

いわゆるタブーですね。
酒の席とかでも、たしかに普段はあまりしません。
やっぱり避けています。
トラブルにはなりたくないですから。

皆それぞれ、思想や嗜好は自由だし、
好きなモノを否定されるのは嫌な気持ちになるし。

だからこそ、普段はしません。
けど、今回はあえてします。ブログですから。

 

政治

これといって、支持する政治団体や党はありません。

 

…以上。
火種が無ければ、火事は起こらない!

 

政治の話は苦手です。
語れるほど知識も無いし、自分の意見もない。
やはり自分に影響が無いことには、
興味は持てないし、真剣にもなれない。
だから無関心な若者は選挙に行かない。
むしろ、政治に関心を持たせない教育を受けてきたんでしょうね。

しかし、自分の住んでいるところに
原発や米軍基地ができるとなったら、反対するでしょうね。

 

1つありました。
創価学会が支持母体となっている公明党は正直不気味です。
 

宗教

家の家系は浄土真宗大谷派です。
昨年の祖母のお葬式も、
浄土真宗大谷派のお坊さんに来てもらい、
このやり方でやりました。
しかし!
かといって、この先、親や自分のお葬式は
上記の宗派のやり方をしようとは考えていません。

こだわりですが、結婚式は教会ではやりたくありません。
私はキリスト教徒ではないですから。
そんなときだけ、上っ面の「アーメン」というのは、
正しいキリスト教徒の方々にも、失礼だと思います。

 

神社にも寺にも行きますが、
これといって、信仰しているわけはありません。
日本人として、神社、寺は宗教というよりは、
文化としてみているからでしょうね。歴史文化ですね。

 

豚も牛も普通に食べます。
つまり、私は無宗教です。
仏教キリスト教の本を読んでも、
全くと言っていいほど、ピンときませんでした。

 

「戦争がおきるぐらいなら、宗教辞めてしまえよ」
って思う人間です。

 

宗教の時によく思うことは、
私は芸術家・岡本太郎を尊敬していますので、
岡本太郎党とでも言っておこうかなと思うことがあります。

 

しかし、結婚相手となると、ちょっと考えます。
できるなら同じ宗教の人と結婚した方がいい、
もしくは宗教に興味が無い人同士がいい、と思います。
宗教というのは「こころ」です。
尊重している宗教を持ってる相手を、自分が愛せるのかどうか?
だと思います。私は難しいですね。

 

野球

オリックスバッファローズのファンです。
以上です。

 

神戸出身なので元々オリックスブルーウェーブでしたが、
イチロー、田口、長谷川、藤井…良い選手いっぱいいたな)
合併しましたので、その流れで、
バッファローズのファンと成っております。


大阪、神戸出身と言うと、
阪神タイガース」のファンですが?とよく聞かれます。
関西=阪神ファンというイメージが強いのでしょうか?


バッファローズはいいですよ。
観戦に行くと2、3回は席の移動します。
3塁側内野、バックネット裏上段、外野と移動できます。
席も余裕があっていいですね。
ゆったり、メジャーリーグのような観戦ができます。
自分に合っています。
観客が少ないのはいい!!
喜んでいいのかどうか…。嬉しいやら悲しいやら…。

 

アンチ巨人とかはたくさんいらっしゃいますけど、
全国的にもバッファローズの関心は薄いですね。
そんな球団もありましたね、ぐらいの感じです。
なので、タブーにもなりません。

 

まとめ

以上、「政治と宗教と野球」の話をしました。
まとめると、
私は無宗教でリベラルのバッファローズファンです。

 

要は、言いたかったことは、
「少し、タブーに挑戦してみた」ということです。

 

このブログを始めるキッカケは
「言いたいことを言う」「少し過激なことを言いたい」
というところでもありましたので
「政治と宗教と野球」の話から始めてみました。

 

もう1度言っとくと、
普段は政治と宗教の話はしませんよ。
野球の話はするけども(あまり相手にされない)。