読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十エロ

四国で田舎暮らし。春夏秋冬、いろんなことに興味津々。

【起業セミナー】第1回「創業の動機と心構え」

生活

どーも、おとーちゃんです。
この度、「起業セミナー」に参加してきました。

 

といっても、私、現時点では起業の予定はありません。
少し興味本位で、勉強の為に行ってきました。

しかしながら、田舎で生活するというのは、
起業ということを考えなければいけないような気がします。

 

田舎には会社がありません。
ハローワークに行っても求人の数は、都会に比べて圧倒的に少ないです。
勤め先は、ほとんどありません。そりゃ、若者は流出するわな。
逆も然りですね、
会社を立ち上げても、従業員がなかなか集まりません。
それでは事業が成り立ちません。

 

田舎では、ほとんどの人が個人事業主です。

皆、それぞれ、技術を持って働いてます。
電気屋、ガス屋、商店、仕出し屋、飲食店、工務店、鉄工所…
近所の人を思い浮かべても、皆、個人でやっている人が多いです。
いわば、大手企業や、チェーン店といったものが少ないですから。
コンビニは微妙な線ですけどね。

 

ということで、前置きが長くなりましたが、
起業セミナーの第1回の内容をまとめます。

 

「創業の動機と心構え」

講師は中小企業診断士の方でした。
参加者は15名ほどでした。
男女比率はは7:3ぐらい、30〜50代の方が多かったかな。

 

開業はそんなにハードル高くない

開業というのは「開業届」出すだけで、10日あれば出来る。
例えると、結婚みたいなものかな。

 

WIN-WINの関係

みんながハッピーになれることを目指す。
自分だけ儲かるようなことはしない。

 

自分自身の中に答えがある

中小企業診断士の先生の所に相談に来る方で
先生に答えを求めようとする方が多いにいるが、
その答えは、相談する方(起業した人)の中にあるというお話。
先生は手法やノウハウは知ってるが、答えはそれぞれ違っているよ。

 

ゴーイングコンサーン

企業の活動は、継続するということが前提となっているという考え方。
言い換えると、廃業しないことを前提とする考え方。

 

ミッションとヴィジョン

ミッションとは…使命、存在意義、目的(経営理念というもの)
ヴィジョン…志、方向性、目標

ミッションとヴィションは、
やりながら見つけていくもの
やりながら見えてくるもの

でいいんだよ、いうお話。
この2つがあれば、芯を貫くことができるし、ブレない。

 

企業に費やした自己資金

100万円以下の方が全体の50%。
若者に関しては100万円以下が全体の65%。
皆さん、もっとかけているものだと思っていました。

 

企業を断念する1番の理由

「資金調達」が1番の理由。
若い人は「経営知識」が1番でした。
家族の理解を得られないということも大いにある、と。

 

企業に伴う生活の変化

「1番が家族との時間が取りやすくなった」が1位。
企業をすると、時間の融通がきくようになるんですね。

 

企業は難しくないが…

まずは行動すること。
失敗しないと、その次に進めない。
繰り返すことで売れるようになる。
次の手を考える、情報を集めることが大事だ。

 

2つの名言

■ 松下幸之助
「そりゃあ、まず、そう思うことですな。」

■ ウォルト・ディズニー
「成功する秘訣を教えてほしい、どうすれば夢を実現することができますかと
よく人から尋ねられる。自分でやってみることだと私は答えている。」

 

今回で得た情報は以上です。

 

講義の中で、プロとアマの違いは?というテーマで、
グループディスカッションをしました。

グループディスカッションって面倒くさいね。
男女2対2やったんやけど、
まず、お互い自己紹介して…合コンか!って。笑
何でコイツらとふんわりしたテーマを話さなあかんねん。
それに、この女2人が知り合い同士で来とったから、面倒くさかった。
相打ちみたいなのん、すなー!


ということで、いろいろありましたが、
まあまあ、有意義な時間を過ごしました。

 

次回は事業計画書の作成を学びます。
もう行くのやめよかなー。