読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十エロ

四国で田舎暮らし。春夏秋冬、いろんなことに興味津々。

【人生】親孝行しようと思うが、 一体何をやったらいいのだろう?

親孝行しようと思うが、
一体何をやったらいいのだろう?

とふと思ったのです。
親孝行を考えて見たいなと思います。

 

世間的に『4大親孝行』と言われるのが、
旅行、結婚、孫、老後の世話だそうです。

まあ、今のところ、1つも出来ていませんけど。

仮に親が現在60歳とすると、 20年間(親の残された寿命)×6日間(1年間に会う日数) ×11時間(1日で一緒にいる時間)=1320時間、 つまりあと55日しか残されていない。

だそうです。残された時間も少ないね。限りある時間。


「親孝行のしたい時に親はなし」とよく聞きます。
しかし、親孝行って何か恥ずかすぃ…

いかん!小さなことからコツコツと!

ネットで調べてみました。
これだったら、出来るかなと思ったことを書いてきます。

 

1、自分の家に招待する

これはもう、ちょっとした旅行ですね。
温泉とか久しく行ってないやろなー。
宿泊代がかからなくていいし。結局、安くつくしみんなも満足。
一緒の思い出を作りたい。

 

2、美味しい物を食べさせてあげる

案外していないなと思った。実家に帰る時は何か土産を持っていこう。

 

3、家族写真を現像しプレゼント

家族写真、全然撮ってないなー。どのタイミングで撮ろうかな。
旅行とか行ったときかな。

 

4、思い出の場所に連れて行く

どこだろう??大阪とかかなー。

 

5、電話をしてあげる

全然してないな。LINEでいっかって感じになってる。
せっかくLINEで無料通話できるのになぜしなかったんだろう。
明日しよう。

 

6、介護の勉強をしておく

これは正しいね。やっといて、そんなことは無い。

その他

7、親が行きたい所へ連れていく
8、好きなものを買ってあげる

というのもあったのですが、正直、よく分からないです。
そんなに旅行したり、外食したり、贅沢なことをしてこなかったので。

とりあえずは

 「今欲しい物ない?」
「何かやりたいことない?」
と、聞いてみるというところからスタートでもいいかな。

 

結構、最近、うっとおしいなと思う時が増えてきたのですが、
やっぱり原点にふり返ると、ここまで育ててくれた親に感謝をしてるので、
親孝行していきたいなと思った次第であります。

Do 親孝行 without being shy.

 

 

親が死ぬまでにしたい55のこと