読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十エロ

四国で田舎暮らし。春夏秋冬、いろんなことに興味津々。

【映画】告白を観た感想


映画「告白」劇場予告

 

2010年、松たか子主演の映画です。
今さらながら、観ました。

めちゃくちゃ良い映画です。
ストーリー展開、衝撃的でしたね。
「本当は違うんかい!」の連続です。

 

この映画を観た直後、2つのことを思いました。

 

1つは「みんな、自分勝手だな」と。
みんないろんなことを企てるんだけど、結局自分のことしか考えていない。
復讐したい、愛が欲しい、世間の話題になりたい、などなど。
なんだかんだ、他人のことを思い遣っているのは、
少年Bの母親と熱血教師ぐらいじゃないですか?
クラスメートたちも所詮は、各個人が
仲間外れにされたくないと言う想いです。

 

もう1つは、これは「悲劇ではなく喜劇」なんじゃないかな、と。
見終わった後は、なんか、清々しさを感じた。
可笑しいんですよね、勘違いや失敗の連続が。
皆それぞれに、違った信念があって、それを元に行動する。
答えは自分の中にあると思っているが、
行動の後に、ことごとく答えが違うと気付くんです。
もう裏切られまくりです。
しかし、私の最近のテーマ「みんな、自由に生きていい」が、
この映画にあるんですよね。
みな、違う生き方をしています。それがいい。
悲劇だけど、可笑しい。

 

この映画を見ると、日本映画の深さみたいなものを感じます。
ハリウッド映画って単純だなって。

 

私がおすすめするまでもないが、まだ観ていない方には超おすすめです。

 

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]