読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十エロ

四国で田舎暮らし。春夏秋冬、いろんなことに興味津々。

公的年金のことを調べてみました

生活

ふと、「少子高齢化公的年金は破綻する」んじゃないかと
思ったので、いろいろ年金について調べてみました。

 

破綻するとか言われている主な理由

  • 長生きする人が増えた。
  • 病気や障害で働けなくなった人に、その時点から保険料なしで年金が満額支払われてしまう。
  • 年金加入者が死んだとき、18歳未満の遺族に年金が支払われてしまう。
  • 収入の少ない人は保険料が免除されるが、年金は少なくとも半額は支払われてしまう。
  • 物価が上がると年金額も上がる。

 

年金の破綻はあるのか?

調べて行くと、国の年金は破綻する派と破綻しない派がいるようです。
しかしながら、概ね「破綻しない」という人が多い。

破綻と呼ぶより、年金の支給額の減少は有り得るよという感じ。

破綻させたら年々生活保護の受給者が増大し、
年金を破綻させるより大変になってしまう。

 

まず、年金をもらうための条件は?

もちろん、払わないともらえないよ。
60歳までに保険料を25年以上納めていれば、老齢基礎年金をもらう資格が得られます。
この「25年以上」には保険料を免除されている期間も含まれます。
年金額は、保険料を納めた期間、保険料を免除された期間に応じた額になります。

※ただし、、、
平成29年4月から消費税の10%への引上げ延期に伴い、
受給資格期間が10年以上に短縮される予定、とな!!


受給資格期間が10年以上に短縮されることについて

20歳から60歳になるまでの40年間に渡り、
1か月も欠かすことなく国民年金の保険料を納付して、
満額の老齢基礎年金を受給できても、
その金額は780,100円(平成28年度額)にしかならない。

これでも少ないが、10年しか保険料を納付しなかった場合は
195,025円と更に少なくなってしまう。

月当たりに換算すると16,252円程度だ…

 

納めていない分の保険料を後から納められる?

平成30年9月までは、納付期限を過ぎてしまった国民年金の保険料を、
過去5年分までさかのぼって納めることができます


年金は死んだら終わり?払い損じゃん?

本人には1円も出ません。残念でした。笑


しかし、奥さんや18歳未満の子供には
本人が受け取るべき年金額の約半額が遺族年金として支給される。
うんん…、独身だと掛け損です。

子が成人していると奥さんや、子のいない夫婦の場合は、
夫の支給条件(25年以上)をクリアすれば、夫が年金をもわらずに死亡したとき
60歳から65歳まで、妻に給付される寡婦年金というのがあります。

国民年金の保険料を3年以上納めている第1号被保険者が、
老齢基礎年金や障害基礎年金をもらわずに亡くなり、
遺族基礎年金の支給の対象となる遺族がいないときは、
死亡一時金をもらうことができます。
寡婦年金と死亡一時金の両方の受給資格を満たしている場合は、どちらかを選択

一方、遺族厚生年金の場合は、子供の有無は関係ありません。
条件を満たせば、夫、父母、祖父母も支給対象です。

と、いろいろあるようです。

 

まとめ

とりあえずは、がんばって10年払いましょう!

払えなければ、免除申請を必ずしましょう。

 

 

知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識2017年版

知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識2017年版

 
年金は本当にもらえるのか? (ちくま新書)

年金は本当にもらえるのか? (ちくま新書)